ビジネス 地域経済・地域社会 社会 社会・政治・経済 経営情報 経済

メルコ、マカオで初めてかつ唯一の社内保育園を開設

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO、以下「メルコリゾーツ」または「メルコ」)は、マカオで初めてかつ唯一の社内保育園を設立すると発表しました。関連するライセンスを取得することを前提に、当社の従業員で子供を持つ親をサポートするため、メルコの施設内にこの保育園を開設します。この施設の管理は、カトリック系の医療・慈善団体である仁慈堂大樓 が行います。

メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者は、次のように述べています。「企業の社会的責任(CSR)の最も重要な柱の一つは女性と家族です。2007年にマカオで女性従業員向けの無料がん検診を開始して以来、メルコはこの分野において常にリードした対応を取っており、すでにすべての当社従業員用施設において授乳室も備えた、初の統合リゾートです。仕事中でも子供の世話を最優先することを奨励し、メルコの社内保育園で家族の福利厚生を助けます。」

仁慈堂大樓のプレジデント であるアントニオ・ホセ・フレイタス氏は次のように述べています。「2002年に設立された仁慈堂大樓の保育園は、中国語とポルトガル語でレベルの高い就学前教育を提供してきました。この保育園の創設は、1637年にマカオ初の女子児童養護施設が開設されて以来、幼い子供たちを支援する施設の最初の活動を記念したものともいえるでしょう。マカオのコミュニティにさまざまな社会サービスの施設を提供するという目的の一つとして、我々は初の社内保育園の運営に積極的に取組んでいます。」

メルコは、上記の従業員向けサービスに加え、家族に優しくかつ女性にイニシアティブをとってもらえる施策をいくつも導入しています。例えば、『ストロベリーライフ』では、従業員が家族を十分にケアしながら、パートタイムで働くことができ、日割りでフルタイムの給与を得ることができます。

メルコはまた、今年の初めに「ウィメンズ・フォーラム」を主催し、世界中からアピール力と影響力のある女性をゲストスピーカーとしてマカオに招きました。その中には、タイム誌で次世代リーダーに選ばれたマレーシア初の女性の総合格闘技プロ選手であるアン・オスマン氏、「ミス・ワールド・オーガニゼーション」の会長兼CEOであるジュリア・モーレー氏、そして「ミス・ワールド・ジャパン2018」の伊達佳内子氏も含まれていました。

さらにメルコは女性の貢献を称えるため、マカオの「ウィメンズ・ジェネラル・アソシエーション」と共同で、「ベストママ賞(ベスト・マム・アウォード)」を共催しました。この賞によって、母親の愛情やポジティブな家族の価値に敬意を示し、マカオのコミュニティにおいて女性の美徳を称賛しつつ女性という重要な存在への感謝を示す機会を提供しています。

###

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて

アジアおよびヨーロッパにおいてゲーミング事業およびエンターテインメントリゾート施設の開発、所有、運営を行う当社は、米国預託証券であるナスダック市場(NASDAQ: MLCO)に上場しています。当社は現在、マカオのタイパ島にあるホテルリゾーツであるアルティラ・マカオ(www.altiramacau.com )、マカオのコタイ地区にある統合型アーバンゲーミングリゾートであるシティ・オブ・ドリームス マカオを運営しています。マカオでは最大級の電子ゲーム機施設であるモカクラブ(www.mochaclubs.com )の事業展開も行っています。また、統合型エンターテインメントリゾートであるスタジオ・シティ(www.studiocity-macau.com )の過半数の株式を保有し、同施設の運営にも携わっています。マカオのコタイ地区にあるスタジオ・シティは、映画をテーマにしたリゾートとしてショッピングエリアとゲーミング施設を備えています。フィリピンでは現在、当社の子会社がシティ・オブ・ドリームス マニラ(www.cityofdreams.com.ph )を運営・管理しています。同施設はゲーミング、ホテル、エンターテインメント施設が統合されたリゾート施設であり、マニラの観光経済特区エンターテインメント・シティにあります。ヨーロッパでは、2021年の開業を目指しヨーロッパ最大級の統合型リゾート地となることが期待されるキプロス共和国の”シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアン 統合型リゾートプロジェクト (www.cityofdreamsmed.com.cy )”を展開しています。当社は現在、キプロス共和国初のカジノであるキプロス・カジノと三つのサテライト・カジノに加え、2019年末までに開設予定の第四サテライト・カジノを運営していますが、シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンの開業後も、シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンの運営とともに、引き続き四つのサテライト・カジノを運営していきます。また当社はクラウン・リゾーツ・リミテッドの株主も保有しています。同社はオーストラリア証券取引所の上場企業で、メルボルンとパースのクラウン・エンターテインメントコンプレックスを運営。イギリスでは、ライセンス認証されたロンドンのハイエンドカジノであるクラウン・アスピナルズを運営しています。同社の開発計画にはシドニー湾のバランガルー地区に建設予定のクラウン・シドニー・ホテル・リゾートも含まれています。またクラウン・リゾーツ・リミテッドはAspers Groupとノブの持ち分や、様々なデジタル事業の株式も保有しています。メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドの詳しい情報については、こちら(www.melco-group.com )をご覧ください。

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、単独大株主であるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドが全面的にサポートしています。メルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドは、香港証券取引所のメインボードに上場されており、ローレンス・ホーが同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。