環境 産業

日本で初めて鉄軌道事業を含む企業グループとして「RE100」に加盟

 東急株式会社(以下、当社)は、2019年10月25日、再生可能エネルギーに関する国際イニシアティブ「RE100」に加盟しました。RE100加盟は、日本の鉄軌道事業を含む企業グループとしては初となります。
 RE100は、国際的なNGO「クライメイト・グループ」(※2)が、「CDP」(※3)とのパートナーシップのもと運営する、再エネ電力100%に取り組んでいるグローバルに影響力のある企業を連合したイニシアティブです。
 影響力の大きい企業群による、グローバルな協働イニシアティブを通じて、企業の再エネ需要・供給の大幅拡大を目指し、すべての企業活動を100%再エネ化することで、世界の炭素排出量の約15%削減を目標としています。

 当社では、東急グループのスローガンである「美しい時代へ」を普遍的な価値基準と認識し、事業を通じた社会課題解決と事業成長の両立を目指しています。2018年度からは、中期3か年経営計画において、6つの「サステナブル重要テーマ」を特定して取り組んでおり、その一つである「低炭素・循環型社会」の実現に向けて、目指す姿として、「省エネと再エネの最適利用を通じた低炭素、脱炭素社会への貢献」を掲げています。また、より長期的な目標を明確化するものとして、本年9月2日に発表した長期経営構想の中で、「長期環境目標」を設定しました。

【長期環境目標(CO2排出量)】
2050年までに事業で使用する電力を再生エネルギー100%で調達する
 [電力使用によるCO2]  2030年:排出総量30%削減
              2050年:排出総量ゼロ
    *対象はScope1、2  基準年は、鉄道事業(東急線);2010年  不動産事業その他;2015年

 当社はこれまでにも、再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行開始、および南町田グランベリーパークの環境認証制度「LEED ND(まちづくり部門)」ゴールド予備認証取得など、環境への取り組みを行っています。
 今後も、さまざまな取り組みにより環境経営を推進し、「低炭素・循環型社会」の実現に貢献していきます。

【「RE100」統括責任者 サム・キミンス氏のコメント】
「私たちは、東急株式会社が長期環境目標を設定し、鉄道会社として初めてRE100に加盟したことを歓迎します。東急が日本における低炭素社会の実現を推進し、特に運輸部門においてリーダーシップを発揮していることを大変嬉しく思います。」