テクノロジー ビジネス 経営情報

未来のモノづくりに貢献する「次世代放射光施設」に関するオンラインセミナーを11月18日(木)に開催

仙台市は、2021年11月18日(木)14時よりオンラインセミナー、「放射光で広がる未来のモノづくり ~「光イノベーション都市・仙台」の可能性~」を開催します(参加無料※要登録)。2024年度運用開始予定の「次世代放射光施設」について分かりやすくご紹介します。

 

仙台市は、東北大学青葉山新キャンパスで整備が進められている「次世代放射光施設」の稼働を契機としたリサーチコンプレックスの形成に向け、研究開発型企業の誘致や集積に重点的に取り組んでいます。

【次世代放射光施設建設地(青葉山新キャンパス※CGイメージ)から仙台市街を望む】

 

(提供:一般財団法人光科学イノベーションセンター)

 

「次世代放射光施設」は、その特性を活かした研究開発の進展や革新的新製品等のイノベーション創出等により、大きな経済効果が期待されています。これまで放射光施設は、自動車のエコタイヤ、スマートフォンのタッチ画面に使われている高精細液晶ディスプレイなど私たちの生活を豊かにしてきた製品開発に寄与してきました。今後は、カーボンニュートラル社会実現に不可欠なグリーンエネルギーや、環境に配慮した食品製造技術の開発など、多種多様な分野での活用が期待されています。

 

活用が期待される分野(例)
医薬・医療・生命科学/環境・エネルギー/食品・農水産/化粧品・生活用品/先端材料・素材/半導体・デバイス・エレクトロニクス/品質管理・生産プロセス、等

  

この度、仙台市では「次世代放射光施設」の認知度向上と利活用促進を図るため、首記のオンラインセミナーを開催します。既存放射光施設での研究開発の実例から、次世代放射光施設の特徴や利活用方法、今後期待されるイノベーション創出などまで、広く情報を発信します。この機会に是非ご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

【 開催概要 】

日 時 2021年11月18日(木)14時~17時 (開場 13時30分)
会 場 オンラインライブ配信(ライブ配信は、株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Deliveru」(https://deliveru.jp/)を利用します。)
申込締切 当日正午まで
参加費用 無料 ※要事前登録
主 催 仙台市
共 催 宮城県、東北大学、一般財団法人光科学イノベーションセンター、一般社団法人東北経済連合会
協 力 株式会社日本政策投資銀行、株式会社七十七銀行
後 援 文部科学省、経済産業省東北経済産業局

■オンラインセミナー参加登録は、下記URLよりお申し込みができます。

https://www.yano.co.jp/seminar/2021/1118/1118.html

 

■次世代放射光施設に関する詳細はYahoo!ニュースをご参照ください。https://news.yahoo.co.jp/sponsored/sendai_210917.html

 

■【案内】2021年11月18日仙台市主催セミナー「放射光で広がる未来のモノづくり」

https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106827/202110111403/_prw_OA1fl_97FF2O65.pdf

 

【 お問い合わせ先 】

仙台市経済局 産業政策部企業立地課ものづくり産業係

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1仙台パークビル9階

TEL: 022-214-8245