ビジネス ライフスタイル 医療・福祉・介護 社会・政治・経済 経営情報

エコモット、新型コロナウイルスワクチン保管用フリーザーの停電保護にフリーザー対応型IoT無停電電源装置(UPS)を提供開始

エコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也、以下「エコモット」)は、新型コロナウイルスワクチンの保管用フリーザーを停電時も継続稼働ができるフリーザー対応型無停電電源装置(UPS)を開発。

また、クラウドを使用した監視機能や温度センサーをオプション搭載することで、遠隔でUPSの電池残量やフリーザー内部の温度を確認することが可能となります。本製品は全国の自治体への導入を目指し提供を開始いたします。

電源装置環境イメージ

新型コロナウイルスワクチンは厳密な管理が必要とされており、厚生労働省から薬事承認されている企業のワクチンは解凍後2時間以内の希釈と6時間以内の接種が必要となります。また、申請中である他企業のワクチンに関しても冷凍・冷蔵の管理が必要になり、室温の場合約6時間以内の希釈が求められております。※

その為、災害による停電が頻繁に発生している日本ではワクチン接種の潤滑な運用を行う為に保管用フリーザーの電源保護対策が必要となります。

※厚生労働省「新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保について(3)」参照

(厚生労働省HP: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16786.html )

◇本システムの特徴

1. 停電時 最大5日間連続稼働

UPS

一般的なUPSは電気機器の安全なシャットダウン(電源断)を目的としている為、標準バックアップ時間は10分程度とされております。

今回、本製品は2018年9月の北海道胆振東部地震の時に発生した【ブラックアウト】で約2日間大停電になった教訓を活かし最大5日間連続稼働できる仕様としております。

※保管用冷凍庫の仕様が平均200Wで蓄電池6台並列時

2. 突入電流50Aまで対応

定格出力特性

保管用フリーザーは電流特性により突入電流が定格の6倍となり、安定した稼働をする為に突入電流にも対応可能な出力が必要になります。

本製品は出力電流が50Aとしており、保管用フリーザーの突入電流にも対応しております。

3. 世界品質の鉛蓄電池を使用

制御弁式鉛蓄電池

本製品は業界最長クラスの鉛蓄電池を使用しております。

高温寿命特性に優れており、業界初の35℃の使用環境で10年寿命を実現。

また航空、宇宙、防衛、通信、UPS等幅広い分野で長年採用されている純鉛極板の技術を用いて設計されております。

4. IoT機能(オプション)

オプション画面1

クラウドアプリケーションは当社で開発しているため、現在の電池残量表示だけではなく下限値を超えた場合や異常発生時には通知を出すことができます。

また、お客様の要望に合わせて最適なUIにカスタマイズすることが可能です。

5. 温度監視(オプション)

オプション画面2

IoT機能(オプション)とセットで導入することで、温度センサーからフリーザー内部の温度を遠隔で監視することができます。※

下限値を超えた場合に通知を出すことができ、ワクチンの管理をより厳格におこなうことが可能となります。

※事前に仕様検討が必要になります。

◇ご提供について

・提供開始:2021年3月中旬

・価格  :オープン

◇エコモット株式会社について

エコモットは2007年の創業以来IoT専業のソリューションベンダーとして、センサー・自社開発通信デバイスの提供を行うとともに、多様な顧客ニーズに応じたカスタマイズ、現場での設置ノウハウを提供し、あらゆる「モノ・コト」からセンシングを可能にするソリューションを提供しています。2017年6月に札幌証券取引所アンビシャス市場、2018年6月に東京証券取引所マザーズへ上場。2019年1月にKDDI株式会社と資本業務提携いたしました。

所在地 : 〒060-0031

      北海道札幌市中央区北1条東2丁目5番2号 札幌泉第1ビル1階

代表  : 代表取締役 入澤 拓也

設立  : 2007年2月

資本金 : 6億1,487万円(2020年9月1日時点)

事業内容: IoTソリューションの企画、およびこれに付随する端末製造、

      通信インフラ、アプリケーション開発、並びにクラウドサービスの

      運用・保守に関する業務のワンストップでの提供

URL   : https://www.ecomott.co.jp/