エンタメ テクノロジー ビジネス 経営情報 趣味・娯楽

業界初※1充電式ギヤアクションポリッシャーを発売

小径パッドにより、面積の狭い箇所の効率的な研磨作業に貢献する2モデル

 京セラ株式会社のグループ会社である京セラインダストリアルツールズ株式会社(社長:鈴木 健二郎)は、小径パッドの充電式ポリッシャーの新製品として、シングルアクションポリッシャー「DPE11XR」とギヤアクションポリッシャー「DPEG11XR」の2モデルを、本日より発売しますのでお知らせいたします。

 なお、充電式のギヤアクションポリッシャーは業界初となります。

※1  小径75mmの充電式ポリッシャーにおいて (2020年8月末現在 当社調べ)

充電式シングルアクションポリッシャー「DPE11XR」(左)と

充電式ギヤアクションポリッシャー「DPEG11XR」(右)

 

 ポリッシャーは、自動車のボディの傷やへこみを修理する板金・塗装業と、ボディコーティングなどを行うディテイリング業において、欠かせない電動工具です。ボディの状態に合わせて研磨し、キレイな状態に仕上げるポリッシャーには、一般的にボディの傷取り・肌調整用の「シングルアクション」、中間仕上げ用の「ギヤアクション」が使い分けられています。近年、バンパー周りやライトなどを中心に複雑な造形の自動車が多くなっていることから、面積の狭い箇所を研磨できる小径パッドポリッシャーの要望が高まっていました。

 このたび発売する18Vの充電式シングルアクションポリッシャー 「DPE11XR」と充電式ギヤアクションポリッシャー 「DPEG11XR」は、75mmの小径パッドで狭い箇所の研磨作業の向上に対応したモデルです。取り回しが良く、作業性に優れた充電式を採用したギヤアクションポリッシャーは、業界初になります。

当社は今後も、機能性・ユーザビリティを追求した製品を市場に供給していくことで、お客様の業務効率性の向上に貢献してまいります。

■  充電式ポリッシャー「DPE11XR / DPEG11XR」の特長    

◇ 業界初、充電式のギヤアクションポリッシャー

 作業中にコードを避ける動きが無くなり取り回しが良く、作業性が向上する充電式

 を採用しました。

 小径パッドの充電式ギヤアクションポリッシャーは、業界初になります。

◇ 安定した磨きを実現した電子制御&高出力モーター

 磨き作業中に負荷が掛かってもバフの回転を一定に保つ、フィードバック機構を搭

 載。高出力のブラシレス分割コアモーターとの組み合わせで、安定した研磨を実現

 しました。

◇ 回転スピードを調節する変速機能

 磨くボディの状態に合わせて、手元の変速ボタンで「低速・中速・高速」の3段階に

 切換えられます。

 

■ 充電式ギヤアクションポリッシャー「DPEG11XR」の特長    

◇ 磨き傷を抑える、独自のギヤアクション機構

 一方方向の回転に4mmの偏芯が加わるギヤアクションは、1回転ごとに頂点が1/5

 ずれる当社独自の機構によって、磨き傷が出にくく、きめ細かな仕上げが可能で

 す。

■製品仕様

※2 電池パックを含めた質量。

※3 電池パックと充電器を付属しないモデルもラインアップ。

DPE11XR:希望小売価格 38,900円(税別)、DPEG11XR:希望小売価格46,000円(税別)