社会 社会・政治・経済

【全国のパソコン教室をコロナショックから盛り上げたい!】パソコン教室集客専門デアルカが「売れる広告の教本」期間限定配信をスタートしました!

広島、静岡にてパソコン教室の運営、パソコン教室集客支援、在宅ワーク支援事業を運営する株式会社デアルカ(本社:広島県広島市 代表取締役 森分 然)は「30分でわかる!図解付き売れる広告の教本」を2020年6月3日から6月15日の期間限定で配信スタートしました!

【詳しい詳細はこちら】https://peraichi.com/landing_pages/view/gva03


【これはなに? 何が書いてあるの?】
このレポートはパソコン教室を運営されている肩に特化した「パソコン教室専門の広告の手引き」です。元々「広告が大の苦手」だった私が「どうやったら広告で反応を出せるか?」を研究して具体化したもので、 この通りに実施すれば「反応のある広告作成」が容易にできるようになるようにまとめたレポートです。

======
Step.1 広告の基本構造とは?
広告に絶対に掲載した方が良い「パーツ」があります。 これらを組み合わせていけば基本的に広告は出来上がります。 それは「オフライン」でも「オンライン」でも基本的な仕組みは一緒。このパーツを図を用いて説明します。

Step.2 広告パーツ解説
「ターゲット」広告を打つ時は「必ず」ターゲットを決めます。決めないと集客は出来ません。あくまでも「1広告1ターゲット1メッセージ」この原理を持っておかないと、無駄に終わってしまいます。

Step.3 広告の基本パーツ「ヘッドライン」
ヘッドラインを作るコツは「悩み」+「ベネフィット(こんな良いことあるよ)」 広告の場合、そもそも「興味がない人」を振り向かせるためには「これみたい!」とか「何これ?」と「興味を引かせる事」が必要になります…

Step.4 広告の基本パーツ「悩み」
「商品購入=悩み解決」どんな商品でも同じです。 広告に「悩み」が書いてあることによりその広告を見た人は引き込まれるように広告を見始めます。その悩みがその方に当てはまれば当てはまるほど、読み込まれる度合いは深くなります…

Step.5 広告の基本パーツ「ベネフィット」
何か商品を買う時に「将来像」がイメージできる「この商品を購入したらどんな良い事があるのか?」よく「メリット」と勘違いされますが「メリット」だと他社に負けます。「ベネフィット」を書くことが大切です。そのベネフィットの考え方とは…

Step.6 広告の基本パーツ「お客様の声」
「お客様の声」をそもそも何で掲載するのか?という事なのですが、「購入したい人の目線の感想」があ ると「お客さんの心配が減る」と言う点。この掲載の仕方にもコツがあります…

Step.7 広告の基本パーツ「オファー」
人間は「欲しい」と思わないと買話ない。どれだけ「割引」や「無料」を強調しても「欲しくないから買わない」のです。「価格勝負」をしてはいけない理由がここにあります。ではどんなオファーが選ばれるのか…?

Step.8 広告の基本パーツ
「レスポンスデバイス」レスポンスデバイスとは「問い合わせ先」の事。 さすがにそれは書くよ、と思われるかもしれませんが、「誰でもわかるように、 パッと見ただけでその行動がしたくなるように記述する」この意識はできていますか?そのポイントについてお伝えします…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【詳しい詳細はこちら】https://peraichi.com/landing_pages/view/gva03

■株式会社デアルカについて■
私たちは人の繋がりと喜びをモットーに、パソコン教室の運営、パソコン教室集客支援、在宅ワーク支援事業を行ってます。この事業を通じて、世の中の「働き方」を変え、自分の好きな事で生計を立て、人生を楽しみながら安定した収入を得る事が出来る世界を作る事に全力を尽くしております。

【会社概要・お問い合わせ】
株式会社デアルカ
代表者:森分然
所在地:広島県広島市安佐南区緑井2-13-5
TEL:0120-50-8350
URL:https://pcacademy.jp/dearuka/
本件担当者:片山
事業内容:パソコン教室の運営、フライチャイズビジネスの運営、在宅ワーク支援事業