IT・ネットワーク サービス ビジネス

AI自動契約書チェック「LawFlow」が契約書作成支援機能をリリース

LawFlow株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役・弁護士:則竹理宇)は、AI自動契約書チェックサービス「LawFlow」上で、ガイドにしたがって情報を入力するだけで、誰でも簡単に契約書案を作成することが出来る「契約書作成支援機能」をリリース致しました。
契約書作成支援機能により、定型的な契約書作成業務を自動化し、時間短縮による業務効率化が可能になります。AI自動契約書チェックサービスと組み合わせることで、法務をより強化し, 契約にかかる費用と時間を大幅削減できます。法務の知識・人材が不足しがちなSOHO・中小規模の法人様にもおすすめです。

■AI自動契約書チェックサービス「LawFlow」
自然言語処理に特化した人工知能(AI)を用いた契約書自動チェックが無料から始められるリーガルテックサービスです。AIが、いつでも契約書の全条文を自動チェックし、瞬時にリスクや必要な条文を教えてくれます。元裁判官の弁護士監修のサービスで, 法務を強化し, 契約にかかる費用と時間を大幅削減できます。
【URL】https://www.lawflow.jp/

■契約書作成支援サービスのメリット
・定形契約書の作成自動化が可能
・契約書作成にかかる費用と時間の削減
・契約書まわりの法務を強化
LawFlowの契約書作成支援機能は、ガイドに従って情報を入力するだけで、誰でも簡単に契約書案を作成することが出来ます。選択肢を選ぶとベースになる例文が表示されるので、編集も簡単です。定形契約書の作成自動化が可能になり、弁護士等の専門家と打合せする時間・コストの削減並びに担当者の事務負担軽減に役立ちます。さらに、本体のAI自動契約書チェックサービスを使えば、リスクや追加で必要な条文もわかるので契約書周りの法務を強化することができます。
法務部等の専門部署を設置していないSOHO・中小規模の法人様でも、スムーズな契約書作成及びリーガルチェックを可能にします。現在は対応契約書の数が限定されておりますが、利用者様のニーズを基に、今後も対応契約書の増強・サービス拡充に努めてまいります。

■高まるニーズ
「LawFlow」は2020年3月にAI自動契約書チェックサービスの正式版をリリースし、既に200近いユーザー数を記録しています。現在も右肩上がりで登録ユーザー数は増え続けており、法人からの問い合わせも増えております。
ユーザー数増加に伴う契約書データの拡充により、更なる精度向上と対象契約書の種類拡大を予定しており、今後も利便性をますます向上させて参ります。

■料金プラン
※全てのプランで、契約書作成支援機能とAI自動契約書チェックサービスの両方が受けられます
スターター(基本機能のみ):無料
スモール :10,000円(税別)/月
ミディアム:30,000円(税別)/月
ビジネス :50,000円(税別)/月
エンタープライズ:50,000円(税別)〜/月
料金プランの詳細・申込は下記URLをご確認下さい
https://www.lawflow.jp/pricing
料金や製品に関するご質問は下記アドレス宛にメールでお問い合わせ下さい
office@lawflow.jp

■会社概要
会社名:LawFlow株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿1−14−15 タウンウエストビル9階
代表取締役・弁護士 則竹理宇
URL:https://www.lawflow.jp/
e-mail:office@lawflow.jp
事業内容:リーガルテック関連システムの開発・研究