その他ライフスタイル ライフスタイル

「子育てSOSサービス」利用者件数が好調 昨年末には延べ件数が1,800件を超え、支援内容も延べ3,600件を突破 ~「掃除」「調理」のニーズが高い~ 高崎市は子育て支援を移住促進施策の要に!


群馬県高崎市(市長:富岡 賢治)は、「子育てSOSサービス」の2019年4月から2019年12月までの利用状況をまとめ本日発表しました。このサービスは、子育て環境の充実を目的に全国でも類を見ないもので、電話1本で子育てや家事の経験のあるヘルパーが自宅に駆け付け、家事全般や育児を手伝うものです。

「つわりがひどかったり子育てに手いっぱいだったりで、家事をするのが難しい、誰かに話を聞いてほしい」。こうした時の利用を想定しています。開始月の昨年4月の月間利用者件数は100件強でしたが、その後、毎月増加傾向にあり、昨年末には延べ件数が1,800件を超え、支援内容も延べ3,600件を突破しました。支援内容の内訳をみると、「掃除」と「調理」の2つがそれぞれ全体の3分の1を占め、次いで「洗濯」「育児支援」「買い物」「相談支援」の順となっています。また、利用料金は1時間250円ですが、利用者全体の半数強が1時間を選択しています。


本市では、「子育てSOSサービス」に先立ち「産後ママヘルプサービス」というサービスを提供してきましたが、サポート内容をより拡充し、今回「子育てSOSサービス」を始めました。本市から委託を受けた市社会福祉協議会が実施、初回はヘルパーが2人1組で家庭を訪問します。本市は平成31年度予算編成のなかでも、子育て支援の充実を重点事業のひとつに位置付けており、併せて、人口減少、高齢化を食い止めるための移住定住促進策の要の施策として広く全国にアピールしていきたいと考えています。



【高崎市子育てSOSサービス】

妊娠期や就学前児童のいる家庭にヘルパーを派遣し、家事や育児の支援を行うことで保護 者の育児に関する精神的・肉体的負担の軽減を図り、安心して育児や日常生活を営むこと ができるようになることを目的としたサービスを提供します。

対象者
高崎市内に居住する、妊娠期の方や就学前児童の保護者で、サービスを提供する時間帯において在宅している方です。

サービスの内容
 ●家事支援
 ●食事の準備及び後片付け
 ●居室などの掃除及び後片付け
 ●衣類の洗濯及び整理
 ●食料品、生活消耗品の買出し及び納付書による公共料金などの払込み
 ●育児支援
  ※育児支援では、授乳やおむつ交換、もく浴などの準備や後片付けなどのお手伝いを行います。

子育てに関する相談
日常生活における子育てに係る困りごとなどについて、ヘルパーや保健師が連携し対応し ます。電話での相談は、平日(月曜日から金曜日)午前8時30分から午後5時15分です。

サービスの利用
年末年始(12月29日から1月3日)と高崎市総合福祉センターのメンテナンス作業期間 を除く、午前8時から午後8時まで

利用料金
1時間250円

申込方法
受付専用ダイヤルへ電話:027-384-8009(午前8時30分から午後6時まで)
もしくは、ファクス(027-384-8006)へお申し込み。
ただし、ファクスでの申込の場合は、申込内容の他に確認させていただく事項があります ので、専用ダイヤルに別途連絡をして頂く。
*キャンセルの場合は、必ずご利用時間の2時間前までに、専用ダイヤルへ連絡。
*利用にあたっての事前登録の必要はありません。

以上

〈子育てSOSサービスに関するお問合先〉
高崎市福祉部保育課
TEL: 027-321-1246
MAIL: hoiku@city.takasaki.gunma.jp

〈移住促進施策に関するお問合せ先〉
高崎市総務部企画調整課
TEL: 027-321-1202
MAIL: kikaku@city.takasaki.gunma.jp