ビジネス 経営情報

凸版印刷、新入社員研修を在宅オンライン型で実施

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、新型コロナウイルスによる社内外への感染拡大抑止と従業員の安全確保のため、2020年4月1日に予定していたグループ入社式を中止することにいたしました。また、新入社員研修についても実施形態を見直し、在宅によるオンライン研修とすることにいたします。
■ 2020年度大卒新入社員研修について
 教育ラーニングプラットフォームを活用した、在宅オンライン型研修を実施します。従来の集合研修で蓄積したテキストをオンライン上で動画などを用いて学習できるとともに、在宅での研修でありながら、同期社員のネットワーク構築のために、グループごとにトレーナーを配置し、集合研修さながらのコミュニケーションを促進するプログラムを実施。併せて、自宅での座学が続く新入社員に対して、コンディショニングに関するプログラム(セミナー)とツール(アプリ)も揃え、新型コロナウイルス対策も含め良好なコンディション維持・管理のための教育も実施します。

【対象者】
凸版印刷及びグループ会社の2020年度定期大卒新入社員 (約420名)
 
【実施期間】
2020年4月1日(水)~4月17日(金) 

【研修内容】
①動画やライブ配信を用いた全体研修
②ライブ配信セミナー
・ハーバード大学客員教授 根来秀行氏(※1)による「パフォーマンスアップに導く24時間の過ごし方」
・DAnsing Einstein社(※2)青砥瑞人氏による「ストレスマネジメント」「セルフマネジメント」
③当社オリジナルの「みんなのコンディションアプリ」(※3)を用いたコンディション管理
④約20人に1人の割合で社員トレーナーを配置するサポート体制
⑤朝/昼/夕と1日3回、トレーナーや新入社員同士の交流を深めるためのライブコミュニケーション
⑥各人が自宅のオンライン上でアート作品を制作し鑑賞し合う「アートサロン@HOME(仮称)」(※4)

 これらの教育ラーニングプラットフォームを、まずは新入社員向けに試験導入し、その実証結果を基に、得意先企業、団体に対しての外販を予定しております。

凸版印刷は、今後も社内外への感染被害抑止とグループおよび協力会社の従業員の安全確保を最優先に、政府・行政の方針および、当社の対応方針に基づき、状況に応じて必要な対応を実施してまいります。
 

※1 ハーバード大学客員教授 根来秀行氏についての関連ニュース
「凸版印刷、コンディション管理・生産性向上に向けた社員研修を強化」
https://www.toppan.co.jp/news/2019/newsrelease190402.html

※2 DAncing Einstein社についての関連ニュース
「凸版印刷とDAncing Einstein、脳神経科学を活用した新入社員研修プログラムを開発」
https://www.toppan.co.jp/news/2019/04/newsrelease190416_2.html

※3 「みんなのコンディションアプリ」について
 「睡眠時間(質)」「歩数」「自律神経の数値」を連携させ、それらの要素を統合的に自己管理することが可能であるとともに、仲間(同期)と競い合うようなゲーミフィケーションの要素を取り入れ、良い生活習慣の継続性を促すアプリです。

※4 「アートサロン」について
 グループ会社の株式会社芸術造形研究所(http://www.zoukei.co.jp/) と共同で企画した、臨床美術を用いたワークショップ「アートサロン」は美術を通じて脳の活性化、心身のリフレッシュを図るワークショッププログラム。従業員の健康づくりを目的に社内で展開、これまで800人以上が参加しています。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以 上