教育

知られざる全寮制フリースクールの世界③T君の卒寮式に密着!

伊藤幸弘塾(本社:東京都世田谷区、代表・伊藤幸弘)は、東京・世田谷区下北沢にある不登校・ひきこもり・非行・家庭内暴力に悩む青少年向けの全寮制のフリースクールです。新横浜駅近くの横浜校、埼玉県越谷市の女子寮もあります。令和2年2月29日(土)フリースクールの生徒であるT君の卒寮式が行われました。
【URL】http://www.ito-juku.jp/

伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢

実施概要
「知られざる全寮制フリースクールの世界③T君の卒寮式に密着!」
開催日:令和2年2月29日(土)17時30分~18時
場所:「伊藤幸弘塾 東京本校」 〒155-0031 東京都 世田谷区 北沢3-34-4

実施した内容​
伊藤幸弘塾では、毎月のように卒寮式が行われています。入寮する生徒も不定期ですが、卒寮式も不定期です。「もう大丈夫!社会復帰出来たね!」と塾長から太鼓判を押されるようになった時、晴れて卒寮式を迎えることが出来ます。生徒たちは、入寮後、たいていは3ヶ月間を目標して、自立し社会復帰出来るように頑張っていますが、中には1年以上いる子もいるのもいます。それは、子どもたち、それぞれの育ちのペースの違いに他なりません。期間で卒寮が決まるのでなく、あくまで「育ち」が大切だと考えています。

本日は、T君の卒寮式に密着しましたので、ご覧下さい。令和2年2月29日(土)、T君の卒寮式が行われました。卒寮式は、親御さんに参加いただいて、お子さんの成長した姿をご覧いただいて、これからの生活に向けたメッセージもいただいております。それは、お子さんの卒寮後に自立した生活を送り続ける上での「宣言」を受けて、親御さんからの心温まる言葉により親子関係の修復や問題解決を意味し、未来に向けた親子関係の構築にもつながっていくでしょう。

画像は、生徒たちの前で、この日、卒寮を迎えたT君が立ち、近くでは、塾長、寮長、お母様が見守っています。

伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢

 

塾長より、立派に成長した証である「表彰状」を受け取り、感無量のT君。実に誇らしい姿です。

フリースクール 伊藤幸弘塾 東京 世田谷 下北沢フリースクール 伊藤幸弘塾 東京 世田谷 下北沢

ラストはイベント恒例の胴上げ。「T君、これからも頑張ってね!」と、みんなで応援する気持ちで胴上げして
いました。子どもたちもT君も、そしてスタッフも笑顔で溢れています。

伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢

卒寮式後も名残りは尽きない様子でした。ふざけあっていると、遂にお別れの瞬間が訪れました。

伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢伊藤幸弘塾 フリースクール 東京 世田谷区 下北沢

「ありがとう」や「さようなら」が行き交う心温まる卒寮式。友情の深さを実感出来るのも、全寮制の濃密な時間があったからこそ経験出来たのだと思います。常に20人以上の大人数の寮だからこそ、気の合う友人が出来やすいという環境なのでしょう。今の時代、「別れ」と言っても今生のお別れという訳ではありません。卒寮後もSNSでつながって付き合いを続けることが出来るでしょうし、またフリースクールに遊びに来ることも出来ますので、思春期の多感な時期に共に過ごした日々、それぞれが心に刻みながら、フリースクールで培った友情を大切にしていて欲しいと願っています。
 

◆『Re STA Group.inc(リスタグループ株式会社)』概要
全国フリースクール伊藤幸弘塾を運営。
不登校・ひきこもり・家庭内暴力・非行等の問題を抱える青少年の全寮制の社会復帰支援施設。広々とした戸建には30人の生徒がおり、24時間365日サポートスタッフが、アットホームさを大切にしつつ、きめ細やかな対応を心がけて、生徒一人一人に寄り添った生活をサポート。生徒達は、毎日、寮から登校したり働きに出たりして、自立した生活を送りつつ、日々のプログラムや各種イベントでは協力し合い、充実した寮生活を過ごしています。

◆【会社概要】
会社名:Re STA Group.inc(リスタグループ株式会社)
所在地:〒155-0031 東京都 世田谷区 北沢2−40−16−1F
代表:伊藤 幸弘
設立:2017年2月
【URL】http://www.ito-juku.jp/

◆不登校ひきこもり解決子育てカウンセラー 伊 藤 幸 弘
<プロフィール>伊藤 幸弘(いとう ゆきひろ)

1952年神奈川県生まれ。
様々な問題を抱える少年少女とその親たちへのカウンセリングや
子供たちとの共同生活を送り更生・改善のボランティア活動を続ける中、
5000人を超える不登校の相談者と向き合ってきた。
自身も、悲しさから非行に走った経験がある。
約30年前に暴走族・総長という経験を経て、その後は世の中のために
生きることを誓った。また、自身の活動がNHK他、各局などで、
ドキュメントなどが放送され、全国から問い合わせが殺到し、注目を浴びた。
国会からも青少年問題特別委員会の参考人として招かれ、
教育文化に大きな衝撃を与えた。
・伊藤幸弘塾理事長
・青少年非行防止ネットワーク理事長
・愛知県高浜市青少年育成指導員

◆【事業内容:教育】
「ひきこもり、不登校、非行、スマホ&ネット&ゲーム依存、
家庭内暴力問題を抱える青少年 及び 家族の関係修復支援
(全寮制サポート、スマホ&ネット&ゲーム教育、訪問サポート、
通学サポート、在宅サポート、海外留学サポート)」