エンタメ その他エンタメ その他ライフスタイル ライフスタイル 音楽・演劇

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND ワンマンライブ「LIVE20」満員御礼 S-WORDの脱退を発表。7本マイクで新章へ。

ヒップホップグループ「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロマイクロフォンアンダーグラウンド)」は、去る1月30日(木)、渋谷・TSUTAYA O-EASTで行われたワンマンライブ「LIVE20」を開催。6年ぶりの活動再開となった「LIVE19」とは趣向を変え、前半はソロ曲やユニット曲が連なるセットリスト。中盤からは8人が勢揃いし、往年の名曲から10年ぶりのニューリリースとなった「歩くTOKYO」まで畳みかけ.会場に詰めかけた1,300人を熱狂させた。

LIVE20

■LIVE20 セットリスト

[1幕]

GUESS WHO’S BACK

I GOT A DREAM

ALKMAN

東京物語

PLATINUM TONGUE

拍手喝采 REMIX

哀愁

ココ東京

シャボン玉

ALL DAY ALL NIGHT

I NEED

MIRROR BALL

[2幕]

infinity

THE ANTHEM

LIVE’19

NITRICH

SPECIAL FORCE

3 ON TREE

ASAMA 131

カマゲン

ONE NIGHT

NICE DREAM

ボクも

THE CHRONICLE

歩くTOKYO

[アンコール]

STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

STILL SHININ

年齢やキャリアを重ねたレジェンドクルーらしい懐の深さと引き出しの多さでオーディエンスを圧倒したNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDだが、「LIVE20」の熱も冷めやらぬ中、メンバーのひとりS-WORDの脱退を発表。今後は7MCで活動を続けて行くこととなる。とは言え、メンバーに悲壮感や焦燥感は皆無。むしろ、老いて益々盛んと言わんばかりに、2月以降は新曲のリリースラッシュや地方都市でのワンマンライブ、フェスへの出演など精力的な活動を予定している。7本マイクとして歩みを始めるNITRO MICROPHONE UNDERGROUND。不安よりも期待の方が大きい、NITROの新章にご期待いただきたい。

■S-WORDの脱退に関するNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDからのステイトメント

いつもNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDを応援してくださっているみなさまへ

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、メンバーのS-WORDが本人の意向により、昨日の「LIVE20」を持ちまして、今後のNITROの一員としての活動から一線を引くこととなりました。S-WORDは今後はソロアーティストとして活動を続けていきますので、応援のほどよろしくお願いします。

NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDは、2020年2月1日より7人で再出発します。オリンピックイヤーとなる今年は、新曲のリリースやワンマンLIVE、イベントやフェスへの出演など、精力的に活動していく予定です。さらにパワーアップしたNITROをお見せできるよう、メンバーはじめスタッフ一同頑張ってまいりますので、今後ともNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDをよろしくお願いいたします。