アート・デザイン その他ライフスタイル テクノロジー ライフスタイル

フランク・ロイド・ライト ユネスコ世界遺産登録記念 代表作品「TALIESIN」展示会&セミナーを2/8から2日間開催

ORGANIC HOUSE博多(株式会社アイビック)は、ライト建築の空間に、TALIESIN(タリアセン)限定モデルを含む14本が一堂に会す展示会を8日、9日2日間、「世界遺産登録記念に寄せて」セミナーを9日に開催致します。

TALIESIN展示会&フランク・ロイド・ライトセミナー

■フランク・ロイド・ライトについて

昨年7月ユネスコ世界文化遺産に8大作品が登録されたフランク・ロイド・ライト。

近代建築の三大巨匠と言われるライトは、個人住宅を数多く手掛け現在も300棟以上の作品が世に残されています。特筆すべきは100年以上の歴史を今なお刻みながら、住み継がれて愛され続けていることです。彼のデザインは家具や照明、食器のデザインにも至り、こちらの作品達も世界中の暮らしの中で生き続けています。

■展示会の背景

今回は、株式会社YAMAGIWAさんのご協力を頂き、少し実験的な試みにチャレンジしました。

ライト建築にTALIESINを集めてみたいという思いから実現した珍しい展示会。

株式会社YAMAGIWAさんは、TALIESINのライセンスをもつ照明器具メーカーであり、ORGANIC HOUSE博多もフランク・ロイド・ライト財団(米)より認定を受け、ライトの建築思想を受け継ぐことの出来る住宅メーカーです。

株式会社YAMAGIWAさんは、2017年のライト生誕150周年から、有名建築家やデザイナーにオマージュしたTALIESINを限定品として制作を依頼し、合計9作品を世に送り出しています。

今回は限定品TALIESINを含むオリジナルTALIESIN14本が一堂に会し、TALIESINをライト建築の中で見比べる事が出来る貴重な機会となります。

ライトファンだけでなく、建築と照明、住まいとデザインを考える上でも良い「場」になることに期待しております。