ビジネス

クリエイティブを、投資する。THE CREATIVE CAPITAL「NEWS」設立のお知らせ。

              【コーポレートサイト https://newsllc.tokyo
2019年8月7日(水)、クリエイティブを「投資」するTHE CREATIVE CAPITAL「NEWS」(NEWS合同会社、東京都渋谷区、代表社員 梅田哲矢、以下NEWS)の設立をお知らせします。NEWSは、クリエイター・事業家・投資家が手を組み、世界を変える可能性を秘めたスタートアップ企業に対して、クリエイティブ・マーケティングの知見を「投資」しビジネスにおける成長をサポートします。

なぜ、やるのか。
人生の創造的な10年を、何のために使うか。

この度、クリエイティブやマーケティングのプロフェッショナルとして、異なる分野で取り組んできた梅田哲矢、高木新平、佐々木芳幸の3名を共同代表に、総勢11名の組織NEWSを設立しました。設立のきっかけとなったのは、「何のためにつくるのか」を重視したいという、企業のために働くクリエイターの多くが今抱えている課題意識です。映画「風立ちぬ」でカプローニ(飛行機の父として知られる博士)は言いました。「創造的な人生の持ち時間は10年だ。設計家も芸術家も同じだ。君の10年を、力を尽くして生きなさい」カプローニの言葉を借りるとすれば、限られた人生の創造的な10年の使い道を改めて問い直そうというのが、NEWSです。その仕事は、10%の改善のためか。それとも、10xの成長のためか。もっと言うと、人に希望を与えられたか。社会を前進させたか。世界に貢献したか。自由を生み出せたか。自信を持ってイエスと言える仕事をしていきたいと考え、社会を変えうるスタートアップに特化したクリエイティブスタジオ「NEWS」の構想はスタートしました。

なにを、どうやるのか。
スタートアップに特化し、クリエイティブを「投資」する。

いわゆる大企業ではなく、スタートアップと手を組み、クリエイティブ・マーケティングの知見を「投資」するCREATIVE CAPITALという事業モデルを採ります。一言でいうとクリエイティブ版のベンチャーキャピタルです。提供するクリエイティブに対してのリターンをキャッシュではなく、将来の成長から得ます。このモデルによって、最前線の現場で活躍しているマーケター・クリエイターとスタートアップ企業というこれまで実現が難しかったタッグが可能となります。

強み。
第三者であり、当事者である。

外部のクリエイターと企業が組むメリットの一つは、第三者の視点を取り入れることができる点です。自分の魅力を自分で説明するのが難しいように、企業も当事者ゆえに見えないことが多くあります。第三者だからこそ客観的に価値を捉え、言語化し、広げていくことができます。一方で、第三者はときに無責任です。面白いから、楽しいから、というある種のクリエイターのエゴにより、企業の価値が毀損される場面に出くわすことがあります。私たちNEWSは、第三者でありながら、ストックを持つ当事者であることが最大の特徴です。第三者としての客観性と、当事者として責任を持ち合わせた新しい形のパートナーを目指します。

最短距離で走るための、「意思決定」のお手伝い。
ソーシャルメディアの台頭により、様々な人材と直接出会える機会が増え、極論すれば、マーケティング活動のほとんどは外注により賄うことができるようになりました。しかし、どれだけ外部リソースを活用しようとも、その意思決定は社内で行う必要があります。正しい意思決定には正しい専門知識が必要ですが、そもそも専門知識がないから外注しているというジレンマに陥ることになります。試行錯誤を繰り返し、正しい専門知識に辿り着くことは物理的には可能ですが、残念ながらそんな時間はありません。私たちが、インサイダーの立場にたち、重要な意思決定や課題発見のサポートを行うことで、無駄な回り道をすることなく最短距離で、マーケティングを行うことが可能となります。

投資先は、社会を前進させるスタートアップ。
私たちNEWSはスタートアップの中でも生活を大きく変えうる以下5つのメガトレンドに取り組む企業に集中して投資を実行していきます。これらのカテゴリーはそのポテンシャルの大きさゆえに、破壊者として、闇の側面に焦点が当てられ過剰な規制が生まれてしまいがちです。光の側面を紡ぎ出し、これらのスタートアップ企業が、サービスを変え、生活を変え、社会を変えていくと信じています。

だれが、やるのか。
各分野のプロフェッショナルが複業的に参画する分散型組織。

設立にあたっては、同じ課題意識を持ちながら、スタートアップ企業と長期併走に必要な分野で活躍する総勢11名のメンバーが参画し、コピーライターから編集者、戦略コンサルタント、ビジネスデザイナー、コンテンツプロデューサーと異色の組み合わせのチームが完成しました。パートナー企業ごとに最適なメンバーが参加し、最適なアドバイスを行います。またそれぞれが自立しながら企業にも属する「分散型組織」として運営していくことで、クリエイティブを投資するという短期的ではないビジネスモデルの耐久性を高めています。

NEWS参画メンバー(2019年8月時点、五十音順)
 

岩下 恵 Business Designer
#戦略 #コンサル #デザイン思考 #グローバル

1988年、東京生まれ。IDEOではビジネス・デザイナーとして、企業の新たな成長を可能にする人中心のビジネス・モデルの開発を担当。新卒でBain & Companyに入社。その後Spotify Japanの4人目の従業員として入社し、同社のサービス立ち上げに尽力。2010年にブラウン大学にて有機化学学士号、2016年にスタンフォード大学経営大学院にてMBAを取得。

 

梅田 哲矢 Co-founder / Creative director
#広告 #コンテンツ #PR #コピーライティング
1987年 大阪生まれ。広告的発想を武器としたクリエイションと、実現するためのリレーションを併せ持つ新しいタイプのクリエイティブディレクター。日本人としては初となるカンヌヤングライオンズ金賞を皮切りに、クリエイターオブザイヤー、Cannes Lions、oneshow、Clio、LIAなど世界的な広告賞を多数受賞。世界を変える企業や発明をクリエイティブの力で微力ながらも、サポートしていきたいという思いから、2018年NEWSを創業。

 

カツセマサヒコ Editor
#編集 #コンテンツ #ライティング

1986年東京生まれ。編集プロダクションでのライター・編集経験を経て、2017年4月に独立。取材記事や小説、エッセイの執筆・編集を主な領域としつつ、PR企画やメディア出演など活躍の場は多岐に渡る。特に20代女性に向けたコンテンツに定評があり、自身のTwitterアカウントは13万フォロワーを超える。
 

 

最所 あさみ Retail Futurist / note for shopping producer
#リテール #流通 #セールス #EC #編集

大手百貨店入社後、ベンチャー企業を経て2017年独立。ニューリテールにまつわるコンサルティングや執筆、コミュニティマネジメント、イベントプロデュースを行う。同時にnote有料マガジンを通して独自の考察や海外事例の紹介、小売や店舗を軸にしたコミュニティ運営も行う。7/1よりnoteにてショップオーナーの発信を支援する「note for shopping」プロデューサーに就任。

 

坂田 宏 Strategist
#新規事業 #経営戦略 #資金調達 #グローバル #産学連携
2009年、新卒でマッキンゼー東京オフィス入社。日本の小売企業・消費財メーカー等の経営変革プロジェクトに参画。東日本大震災を契機に退社。2012年、国連開発計画(UNDP)ジャカルタオフィスに着任し、同国の農業改革に従事。2015年より、AI資産運用サービスTHEOの立ち上げ及び50億円超の資金調達をリード。2018年より同社顧問等。2009年東京大学教養学部卒、2014年スタンフォード大学経営学修士(MBA)

 

佐々木 芳幸 Co-founder / Global Creative Producer
#コンテンツ #グローバル #プロデュース

株式会社monopo代表取締役。在学中にプロミュージシャンとして活動後、2011年monopoを学生起業。東京を拠点にグローバルなコミュニティベースのクリエーティブエージェンシーとして、様々な国内外のブランドにサービスを展開している。2019年、ロンドンに子会社monopo London.Ltdを設立。自社プロジェクト『poweredby.tokyo』では、東京の知られざる魅力を世界に発信中。

 

高木 新平 Co-founder / Vision architect
#ビジョン #コンテクスト #ロビーイング #新規事業
ビジョンアーキテクト。VISIONING COMPANY「NEWPEACE」代表。20世紀の画一性から人々を解放するため、様々な新産業のビジョンを創って仕掛けている。シェアハウス、自動運転、シェアリングエコノミー、SDGs、社会保障改革、卓球日本代表など。6curry、ONFAdd、REING、ADDressなどの事業づくりも行う。ベンチャーキャピタルNOWクリエイティブアドバイザー、Public Meets Innovation理事。

 

中川 元太 Contents Producer
#コンテンツ#広告#プロデュース

広告代理店から漫画編集者を経て、2016年にSNSで人気の漫画家・イラストレーターを中心とした、クリエイターエージェントの株式会社wwwaap(ワープ)を創業。「つくりたい人の未来を創る。」をミッションに、マーケティング事業とキャラクター事業を国内外で展開中。

 

夏目 和樹 Producer
#PR #新規事業 #採用 #編集
リクルートを退職後アフリカにて事業展開。国内ベンチャーの取締役を経て独立。ドローンを売るためにアフリカで法律をつくったことがある。「アフリカで法律をつくった日本人」https://note.mu/natsumeg/n/n364646110d52
@Natsumeg_k

 

西村 創一朗 HR Marketer
#複業 #働き方 #採用 #PR
HRマーケター/複業研究家。『複業の教科書』著者。30歳@三児の父。2015年6月、リクルートキャリア在籍中に「二兎を追って二兎を得られる世の中をつくる」というビジョンを掲げ、株式会社HARESを設立し、代表取締役社長を務める。NPO法人ファザーリングジャパン理事

 

龍崎 翔子 Hotel Producer
#ミレニアルズ #編集 #事業 #インバウンド
2015年に母とL&Gグローバルビジネスを立ち上げ。ソーシャルホテルをコンセプトに北海道の”petit hotel #MELON”をはじめとし、全国で計5店舗をプロデュース。京都にある”HOTEL SHE, KYOTO”はコンセプトを一新し今年3月末にリニューアルオープン。

NEWS外部アドバイザー(2019年8月時点、五十音順)
 

赤坂 優 エンジェル投資家/エウレカ共同創業者

2008年11月、エウレカを設立し代表取締役に就任。国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」や、カップル向けコミュニケーションアプリ「Couples」をリリース。2015年5月、NASDAC上場企業の米国Match Groupにエウレカの発行済全株式を売却。2016年9月、代表取締役CEOを退任すると同時に取締役顧問に就任。2017年10月、取締役顧問を退任。現在、国内外のスタートアップ約40社へエンジェル投資を行っているほか、ストリートファッションブランド「WIND AND SEA」を日本および海外にて展開中。

 

岡安 俊英 公認会計士
1982年 埼玉生まれ。公認会計士・税理士。早稲田大学政治経済学部卒。2005年公認会計士試験合格後、TAC株式会社、KPMGあずさ監査法人を経て2014年に独立。ベンチャー企業のIPO支援業務やスタートアップの資本政策策定・資金調達支援業務などを中心に活動。

 

小笠原 匡隆 Zelo / 弁護士
法律事務所ZeLo、代表弁護士。東京大学法科大学院卒業、2013年森・濱田松本法律事務所入所後、2017年法律事務所ZeLoを創業と同時に、自然言語処理時術(AI)を用いて法務文書を取扱う株式会社LegalForceを創業。日本ブロックチェーン協会(JBA)リーガルアドバイザーに就任。主な取扱分野は、ブロックチェーン・仮想通貨、FinTech、IT・知的財産権、M&A、人事労務、企業再生、スタートアップ法務。

 

坂下 尚弥 公認会計士
公認会計士・税理士。1984年静岡県生まれ。2008年にKPMGあずさ監査法人に入所し監査業務やIPO支援業務に従事。その後は個人事務所にてベンチャー税務や上場企業創業者のプライベートバンキング業務等を経験したのち、2015年10月に独立し坂下尚弥公認会計士事務所を開業。スタートアップ企業の支援やIPO支援のみにとどまらず、上場後の創業者などの資産管理も行い、ベンチャー生態系の様々なフェーズに対応した業務に従事している。

 

徐東輝 Zelo / 弁護士
法律事務所ZeLo/株式会社LegalForce/NPO法人Mielka代表理事/World Economic Forum Global Shaper。京都大学法科大学院卒業。「Technology, Data, Design for Civic Virtue」というアーキテクチャ設計が直近のテーマであり、Webサービス「JAPAN CHOICE」を開発運営。主な取扱分野は、ジェネラル・コーポレート/知的財産/ベンチャー・スタートアップ/訴訟・紛争解決/ICT・IoT/AI/BioTech/パブリックアフェアーズ。

株式会社MATCHA 代表取締役社長 青木優 様
“梅田さんと話をしていると、描いているビジョンが太い線になっていくのがわかります。 未来を見据えながら、戦略的に言葉やデザインを強くしてくれる。事業の成長に向け、伴走してくれる。 クリエイティブを「投資」する というNEWSの新しい挑戦、とても楽しみにしています。”

株式会社yutori代表取締役社長 片石貴展 様
“スタートアップの根幹は、ハックだ。誰かが10年やることを1年でやるんだ。勝つことが、何よりの命題だ。僕はそんなの、聞き飽きた。勝つことは大事だ、そんなの当たり前だ。その上で楽しまなきゃダメだ。僕らは、楽しくやりたい。楽しくやって、勝ちたいから、梅田さんに声をかけた。楽しくやって、勝とうよ。いけるだろ。新しくいこうよ。NEWSもそんな感じで。”

株式会社gumi-gumi 代表 軍地彩弓 様
“話をしていて、ワクワクする人って、実はそんなにいないもんです。 それは新しいビジョンだったり、問題解決だったり、未知への刺激だったり。梅田くん高木くんはじめ“NEWS”のメンバーはそんなワクワクを感じさせる人ばかりです。 「楽しいこれから」を一緒に作る仲間として、このチームに期待しております!”

SEQSENSE株式会社 代表取締役 中村壮一郎 様
“スタートアップだからって、「世界を変え」なくてよくないですか?本当に自分の信じることを表現すればよくないですか? 想いを自分で言語化するのは困難です。言語化のプロフェッショナル、そんな人たちがいればもっと信念は深まるのではないかと思います。 NEWSの皆さまのご活躍を祈念しております。”

株式会社お金のデザイン 執行役員CMO 馬場康次 様
“THEOブランドは、NEWPEACEの高木新平氏との合作だ。YouTubeで3500万回再生のTHE FASTEST WORKERSは、梅田哲矢氏の一切の妥協のない姿勢から生まれた。THEOの口座数が10万を超え、企業価値も上がった時、クリエイティブの成功は共有できても、ビジネスの成功まで分かち合えなかった。2人が興すCreative CaptitalのNEWSでは、起業家とクリエイターのガチの真剣勝負のその先を見届けたい。”

株式会社10X(タベリー) 代表取締役CEO 矢本真丈 様
“NEWSメンバーの高木さん梅田さんにはまだタベリーがプロトタイプの時代にお会いしました。プロダクトを通じて実現したいコト。大きな世界観から、細かな機能まで、持っている情報を1インプットすると、10のアイディアで返してくれる。そんな二人です。しんぺーさんが時流の半歩先を読み、梅田さんが表現にレバレッジをかける。二人だからこそできるクリエイティブがあると強く思いました。プロダクトはつくることも大変だけど、伝える発明も大変。ファウンダーの世界観を大事にし、その上でプロダクトが社会に染み渡る工夫を添えてくれる、そんなチームです。”

会社概要
企業名:NEWS合同会社
代表:梅田 哲矢、佐々木 芳幸、高木 新平
事業内容:マーケティング支援事業、投資事業コーポレートサイト:https://newsllc.tokyo