政治 産業 社会・政治・経済

“食の海外流通プラットフォーム”を展開するepoc(エポック)、タイの88食堂NIPPONで秋田県産食材のPRイベント「秋田アンテナレストラン」を初開催

食の海外流通プラットフォームを展開する株式会社epoc(本社:東京都港区、代表取締役 佐藤信之、以下 epoc)は、タイ・バンコクで運営する伊勢丹バンコク店内「88食堂NIPPON」において初となる秋田県食材のPRイベント「秋田アンテナレストラン」を、2019年12月9日(月)から2019年12月15日(日)まで開催いたしました。

epocは「食で世界をつなぐ」を使命に、食分野の海外流通プラットフォームを展開しております。特に日本とタイにおいて、日本食材の調達から輸出入、現地での飲食店・小売・卸売販売までの一貫した流通網を自社グループ内で構築していること、現地での食材プロモーション等の実績が評価されております。

■秋田アンテナレストラン開催の背景

「秋田アンテナレストラン」は、秋田県産食材のタイへの輸出促進を目的に開催しました。秋田県では、今年度よりタイを県産品輸出対象国としており、今回の「秋田アンテナレストラン」を契機に、タイ国内バイヤーの秋田県産食材の認知度向上を目指しています。

■「秋田アンテナレストラン」開催の様

会場の「88食堂NIPPON」では、地魚の加工品や稲庭うどん、秋田牛、りんごなどの秋田県産食材を、現地風にアレンジしたメニューに調理して提供。バイヤー向けに試食を通じた秋田県産食材のPRや商談会を行いました。その他、秋田県の観光PRとして、秋田県紹介ブースを設置いたしました。

■「秋田アンテナレストラン」概要

【名称】秋田アンテレストラン
【会期】2019年12月9日(月)〜2019年12月15日(日)
【会場】伊勢丹バンコク店 5階 プレミアム・ジャパニーズ・フードホール「88食堂NIPPON」
(4/1-4/2 Central World, Rajdamri Road, Pathumwan, Bangkok)
(公式Facebookページ:https://www.facebook.com/88shokudonippon/
【内容】
・秋田県産食材を使用したフードメニューの提供
・秋田県観光プロモーションブースの設置
・現地バイヤー向け商談会の実施

epocは「食で世界をつなぐ」を基本方針に、今後もアジアをはじめとした世界各国に向けて日本の食を展開するプラットフォームを拡充して参ります。

■株式会社epocについて

社名 : 株式会社epoc
本社所在地: 東京都港区赤坂8−5−40 ペガサス青山505
代表取締役: 佐藤 信之
事業内容 : マーケットプレイス事業、トレーディング事業、海外進出支援事業
会社URL : http://epoc-inc.jp/